FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季映姫・ヤマザナドゥ

えーき 四季映姫・ヤマザナドゥ(しきえいき・やまざなどぅ)
テーマ曲 六十年目の東方裁判~Fate of Sixty Years
種族 閻魔
能力
 白黒はっきり付ける程度の能力

ヤマザナドゥは役職名。意味は楽園の閻魔。
数多い閻魔様の中の幻想郷担当。非常に説教臭く、間違ったことを言うことがないので、近寄りがたい雰囲気を醸し出している。大半の妖怪はこの人が苦手らしい。だから四季英姫が現れれば妖怪は姿を消す。だから真っ当な人間には味方のような存在になる。

能力などについて
幻想郷の人間を死んだときに裁く。白黒付ける。
悔悟の棒
閻魔様が持っている棒。悪いことをした分罪状を書き込まれこの棒で叩かれる。棒の重さは書き込まれた罪の重さ。因みにこの世の法律なんて関係ない。閻魔様しだい。

二次設定について
何故かロリ扱い。原作では立ち絵を見る限り2番目に高身長なのに、ロリ扱い。
ただ説教臭いのは変わらない。

  

主コメ
手抜き?何を言っているかわかりませんねぇ(吐血)
僕は真っ当な人間じゃないので閻魔様は敵ですね。棒で叩かれるのは嫌です。
間違いなどあったら報告お願いします。報告が来たら修正します。









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。